Peach Aviation

第4条 航空券


第4条     航空券

A)    総則

1.     旅客が運賃、料金、税金若しくは手数料を支払わない場合、又は当社が承認する後払契約の要件に従わない場合には、当社は、旅客に航空券を発行または再発行しません。

2.     旅客の申出により、座席が予約された航空便の変更を行う毎に、当社規則に定める変更手数料が適用となります。なお、本手数料の払戻しは行ないません。

3.     運送を受けようとする場合は、旅客は、当社規則に従って正当に発行されたeチケットお客様控及び身分証明書その他当社が定める本人確認のための証拠となるものを提示しなければなりません。
旅客の提示する航空券が10条A項6号のいずれかに該当する場合には、その旅客は運送を受ける権利を有しません。

4.     航空券は譲渡できません。運送を受ける権利を有する人又は払戻しを受ける権利を有する人以外の人が提示した航空券により当社が運送を引き受け又はこれを払い戻しても、当社は、当該運送又は払戻しに関わる真の権利者に対し責任を負いません。当該運送を受ける権利を有する人の認諾のいかんにかかわらず、航空券が当該権利者以外の人により現に使用された場合には、当社は、当該不法使用に起因し、またはこれに関連する不法使用者の死傷又は不法使用者の手荷物その他の携帯品の紛失、滅失、毀損若しくは延着に対し責任を負いません。

B)    航空券の有効性

1.     座席が予約された航空便と発行日は、航空券に記入又は記録されていなければなりません。各電子搭乗用片は、座席が予約された航空便による運送について有効です。

2.     航空券は、当社規則に別段の定めのある場合を除き、航空券に記載又は記録された座席が予約された航空便についてのみ有効とします。

C)    有効航空便

1.     旅客が、次のいずれかの事由により、座席が予約された航空便により旅行できない場合には、当社規則に別段の定めのある場合を除き、当社は、運賃の追加収受なしに、当該旅客の航空券を、同じ到達地まで空席のある最初の当社航空便について有効な航空券として扱います。

(a)    当社が、旅客の座席予約のある航空便の運航を取り消した場合。

(b)    当社が、正当な理由なく航空便をスケジュールどおりに運航することができなかった場合。

(c)    当社が、航空便を旅客の出発地、到達地又は途中降機地に運航しなかった場合。

(d)    当社が、旅客の当社便への乗継をできなくした場合。

(e)    当社が、予約された便の座席を提供できなかった場合。

2.     旅客が、旅行開始後の病気(ただし、妊娠を除きます。)のため座席が予約された航空便により旅行できない場合には、当社は、当該旅客の航空券を、次のいずれかの航空便について有効な航空券として扱うことがあります(ただし、当該航空便について有効な航空券として扱うことが、旅客の支払った運賃に適用になる当社規則で禁止されていないことを条件とします。)

(a)    当社規則に別段の定めのある場合を除き、正当な診断書に記載された旅行再開可能日以降空席のある同じ到達地までの最初の当社航空便。

(b)    又は空席のある最初の当社航空便の運航日から7日以内に運航されるいずれかの同じ到達地までの当社航空便。

 

ページTOP▲

 プライバシーポリシー
 サイト利用規約
 運送約款
(C) 2013 Peach Aviation Limited