NARA

奈良

“除”と“与”の相乗効果で
精神的不安を取り除きたい。

-STAY HOME期間中はどのように過ごされていましたか?

実はSTAY HOMEの少し前まで、仕事ですがアメリカ西海岸で少し長く滞在していました。無事に帰国してからは、東京の自宅で家族みんなと自粛生活でしたね。その中でも子を持つ親としては一番“食”に気を付けるようになりました。朝・昼・晩、さらにはおやつと、毎日のように口に入れるものなので「サボってしまおう」と思わず、身体に良いと思う食材を手に入れ、効率良く食事が届けられるように心掛けていました。普段は仕事に忙殺されていたので、暮らしというものを見直す良いきっかけになったと思います。

自粛期間が明けて、奈良の曽爾村にて薬草を収穫。この後でご紹介するキハダに加え、カヤの実、大和当帰、ホップなどを東京に持ち帰って健康茶に。滋味あふれる味わいに、身も心も健康になるそう。

-この期間を経て気付いたこと、感じたことを教えてください。

これまでの生活というのは、“ストレスを取り除く”、“デトックス効果”、“疲労を取り払う”など、“除”という行為に注目が集まっていたかと思います。新柄コロナウイルスに加え、ここ最近だと自然の変異なども多くなっている中、これからは心身に必要なものや栄養を取り、心のバランスや免疫を維持するなどといった“与”という行為も必要だと感じています。

キハダはコルク質の“鬼皮”で覆われており、切れ目を入れて剥がすと黄金色に。これを煮出したエキスが陀羅尼助となり、胃腸をはじめとする様々な病に薬効がある。

-その気付いたことを踏まえて、現在はどのように活動されていますか?

“除”と“与”という2つの要素をあらゆる人に知ってもらい、精神的な不安を軽くしてもらいたいと考えています。具体的には漢方薬を作るための新会社を設立する予定です。医者、薬剤師、農家の方々との協力を得て、あらゆる漢方薬が製薬できるように動いています。現在の疲労症状は様々ですし、漢方薬は分かりにくいというお声も多いので、一般の方でも分かりやすく漢方薬を選べるような仕組みを作る予定です。

-人の移動が戻りつつある今、どのように過ごしていますか?

長距離の移動が可能になって、ようやく故郷の奈良にも足を運べるようになり、徐々にではありますが以前の日常を取り戻しつつあります。つい先日ですが、奈良の奥大和にある曽爾(そに)に薬草を狩りに行ってきました。この地域の人であれば誰もが知っている「陀羅尼助(だらにすけ)」という胃腸薬はご存知でしょうか? 奈良では一家に一つは常備されている薬です。その原料となるキハダという木を伐採しに行ったんです。毎年、木が多く水を含む梅雨時期に行われ、「今年は無理かも」と思っていたのですが、収穫を体験できて良かったです。

-自粛が明けた今、どこに行って何をしてみたいですか?

世の中がもう少し落ち着いたら、日本中へ薬草を求める旅に出たいですね。また、東京・名古屋・福岡をはじめ、各地で漢方・薬膳・薬草に興味のある方に奈良をご案内したいです。奈良はどうしても鹿や大仏さんのイメージが強いですが、1000年以上を誇る日本最古の都市らしく他にも魅力がいっぱい。古墳に仏壇に、さらには話題の纏向遺跡にと、それぞれの専門家がいらっしゃっるので濃い話が聞けると思います。

自粛期間が明けて、奈良の曽爾村にて薬草を収穫。この後でご紹介するキハダに加え、カヤの実、大和当帰、ホップなどを東京に持ち帰って健康茶に。滋味あふれる味わいに、身も心も健康になるそう。

キハダはコルク質の“鬼皮”で覆われており、切れ目を入れて剥がすと黄金色に。これを煮出したエキスが陀羅尼助となり、胃腸をはじめとする様々な病に薬効がある。

橋本さんにとって奈良の
魅力は?

私の考える奈良の魅力は二つあります。一つは感じ、考えられる場所。特別に何かがある場所でなくても、奈良の街を歩くとふと何かを感じ、考えさせられます。それが何かのインスピレーションに繋がったり、抱えていた悩み・ストレスの解決になったり、そんな不思議な力がある場所です。もう一つは共存。県庁所在地からこんなにも原始林が近い場所にあるのは、世界中でも奈良だけなんだそうです。自然と人間と現代のもの、そしてもしかしたら神仏も。

橋本真季さん

橋本真季さん

奈良公園のそばで生まれ育ち、東京と奈良を拠点とする漢方養成生指導士・植物療法士。漢方・香り・植物療法を取り入れた奈良発のヘルス&ビューティブランド「THERA」を主宰するなど、毎日使うコスメや雑貨、食品を通して世界中に漢方や薬草の魅力を届ける。

奈良の自治体・空港・公共交通機関の感染対策

<自治体または観光局>
奈良県はこちら

<空港>
関西空港はこちら

<空港乗り入れ公共交通機関>
南海電鉄はこちら
JR西日本はこちら

旅行者向け「新しい旅のエチケット」はこちら

奈良のおすすめ情報

  • 古き新しき、奈良の街を、時をまたいでうるわし散歩

    "古き新しき、奈良の街を、時をまたいでうるわし散歩"

  • 奈良駅からたった1時間の月ヶ瀬で、現実逃避の旅

    奈良駅からたった1時間の月ヶ瀬で、現実逃避の旅

  • 柳生の荘厳な空気に触れて凛とした気分に。スピリチュアルな奈良旅

    柳生の荘厳な空気に触れて凛とした気分に。スピリチュアルな奈良旅

  • PEACH LIVE Vol.16 奈良

    PEACH LIVE Vol.16 奈良

  • PEACH LIVE PEOPLE

    PEACH LIVE PEOPLE

PEOPLE

  • 時代は大量生産からクラフト化に進むからこそ、より地域性を活かした佐渡らしいお酒を造りたい。

    MORE
  • 観光業は大ダメージを受けていますが、京都本来の姿を取り戻しつつあります。

    MORE
  • 進化する人と何もできなくなる人。この時期を経て二分化すると思います。

    MORE
  • コロナ禍でニューノーマルな商品を作ることに。今後も新しい日常と歩調を合わせていきたいです。

    MORE
  • 民族服の生地になる樹皮を自分の手で加工してアイヌ文化の奥深さを改めて実感できました。

    MORE
  • いいお店がいい街を作っていく。個店の重要性に気付いた自粛期間でした

    MORE
  • 写真撮影のサービスを通して第一歩を踏み出すサポートをしていきたい。

    MORE
  • 暗いニュースばかりじゃないので、気分を高めて新しい日常を迎えたいですね。

    MORE
  • お客様がどうすれば心地良く満たされるのか。大きな課題に立ち向かうべく模索の真っ只中です

    MORE
  • STAY HOMEの自粛期間を経て、奄美大島の偉大さが再確認できました。

    MORE
  • 地元の物作りを通じて、新潟を伝えていきたいです。

    MORE
  • “除”と“与”の相乗効果で精神的不安を取り除きたい。

    MORE
TOPページへ

私たちPeachは、すべての人が安心してフライトをご利用いただけるよう、
これからも安全な運航に努めてまいります。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。