困ったときはココ

facebook twitter YouTube YouTube

  • 予約
  • 予約の確認・変更
  1. 大人(12歳以上) 子供(2-11歳) 幼児(0-1歳)
    特別なサポート / 幼児・子供の予約
    複数都市まとめ予約
 
往路出発日
 
復路出発日










東京(成田)ー台北(桃園)・高雄 / 福岡ー台北(桃園) 就航!

Peachで東京(成田)・福岡からも台湾へ!

なんでも揃い観光スポットも多い台北と、海も山もあり自然豊かな高雄と、どちらも魅力あふれる街。
小籠包や夜市のB級グルメに充実したスイーツ。現地の人のフレンドリーさと情緒あふれる街並みも心地よく、リピートしたくなること間違いなし!


» 東京(成田)ー台北(桃園)
» 東京(成田)ー高雄
» 福岡ー台北(桃園)




2019年10月27日就航 東京(成田)ー台北(桃園)

■ 2019年10月27日就航 東京(成田)ー台北(桃園)


運賃

[シンプルピーチ]
6,980円〜(片道)


時刻表

■ 搭乗期間:2019年10月27日〜2020年3月28日*MM627 11月24日〜11月30日のみ運休

東京(成田)  →  台北(桃園)
便名 出発 到着
MM627 * 22:20 1:45(+1)


■ 搭乗期間:2019年11月24日〜2020年3月28日

東京(成田)  →  台北(桃園)
便名 出発 到着
MM623 12:40 16:05


■ 搭乗期間:2019年1月21日〜2020年3月28日

東京(成田)  →  台北(桃園)
便名 出発 到着
MM621 10:00 13:25


■ 搭乗期間:2019年10月28日〜2020年3月28日*MM620 11月25日〜12月1日のみ運休

台北(桃園)  →  東京(成田)
便名 出発 到着
MM620 * 2:30 6:35


■ 搭乗期間:2019年11月25日〜2020年3月28日* 曜日によって運航時間が異なります。

台北(桃園)  →  東京(成田)
便名 出発 到着
MM624 *
(月,金,土,日)
11:55 16:00
MM624 *
(火,水)
12:00 16:05
MM624 *
(木)
12:10 16:15


■ 搭乗期間:2020年1月21日〜2020年3月28日* 期間によって運航時間が異なります。

台北(桃園)  →  東京(成田)
* 2020年1月21日〜1月31日
便名 出発 到着
MM626 15:15 19:20
* 2020年2月1日〜3月28日
便名 出発 到着
MM626 14:20 18:25

■スケジュールは予告なく変更となる場合があります。




2019年10月27日就航 東京(成田)ー高雄

■ 2019年10月27日就航 東京(成田)ー高雄


運賃

[シンプルピーチ]
7,580円〜(片道)


時刻表

搭乗期間:2019年10月27日〜2020年3月28日

東京(成田)  →  高雄
便名 出発 到着
MM635 18:50 22:30


搭乗期間:2019年10月28日〜2020年3月28日* 曜日によって運航時間が異なります。

高雄  →  東京(成田)
便名 出発 到着
MM636
(水,金,土,日)
8:00 12:15
MM636
(月,火,木)
8:15 12:30

■スケジュールは予告なく変更となる場合があります。







2019年11月25日就航 福岡ー台北(桃園)

■ 2019年11月25日就航 福岡ー台北(桃園)


運賃

[シンプルピーチ]
5,980円〜(片道)


時刻表

搭乗期間:2019年11月25日〜2020年3月28日* 曜日によって運航時間が異なります。

福岡  →  台北(桃園)
便名 出発 到着
MM825
(月)
9:15 11:00
MM825
(火,水,木,金,土,日)
8:55 10:40


搭乗期間:2019年11月24日〜2020年3月28日

台北(桃園)  →  福岡
便名 出発 到着
MM826 16:55 20:10

■スケジュールは予告なく変更となる場合があります。






● 上記運賃は、1席あたりのシンプルピーチ片道運賃です。
● 燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)はいただいておりません。
● 支払手数料、空港使用料等は別途必要となります。
● 手荷物のお預け、座席指定には別途料金がかかります。
● コンタクトセンター、空港カウンターにてご購入の場合、別途予約手数料がかかります。
● 運賃額は空席状況によって変動し、ご購入時点で有効な金額が適用されます。
● 運賃額・ご利用条件は予告無く変更および追加設定する場合がございます。
● 関係当局の認可を前提としています。