空が、働き方を自由にする。Peach Biz For ビジネス

Peachスタッフ

⻄川 知里さん

ワーケーションエリア

大阪 札幌

夏は避暑で北海道、冬は温かい⿅児島や沖縄など、
それぞれ思い思いに過ごすことが
スタンダードになるといいなと思います。

01. 新しい働き方について
どう思いますか?

働き方が変わることで、考え方や物事の捉え方が変わっていくと思います。
働く場所を問われないことで、終業後の時間の使い方が変わり、生活の自由度が増したように感じています。
趣味や習い事などの目的があれば、それに適した場所で働くことができ、仕事とプライベートをうまく切り分ける事も可能です。

新しい働き方を実践すると移動をともないますが、LCCの気軽な運賃は移動のハードルを下げてくれますし、飛行機での移動が時間短縮にもつながっています。

02. 実際にワーケーションなど
やってみて、どうでしたか?

いつもと違う環境で働くことで、オンとオフのメリハリがはっきりして、業務に集中できました。
ちょっとした日常の変化に好奇心が芽生えたり、リフレッシュにもなりました。

ただ、ワーケーションするには、下調べや準備が大事だと感じました。
仕事に適した環境かどうか、テレビ会議に耐えうるネット環境かどうかは非常に重要です。

03. 新しい旅の形とは?

夏は避暑で北海道、冬は温かい鹿児島や沖縄など、それぞれ思い思いに過ごすことがスタンダードになると思います。
旅が生活となり、生活が旅となる…母親の実家での田舎暮らしにも憧れがあり、仕事はしつつも行き来することが現実的になり、
それこそ新しい生活(=旅)の形と言えると思います。

04. 地域との接点については
どう感じていますか?

接点が増えることで自分の生活スタイルにも変化が出てくると思いますし、それは地元の方にも言えることだとも思います。
交わることで、土地や人への興味が増えていきますし、お互いの刺激になれば良いと思います。
地域の方が気づいてない魅力として…少し不便だったり、目立つ観光スポットがなくても、暮らすように旅することに適しているかもしれない。それだって立派な魅力だと思いますし、外から見ることで、その土地の新しい魅力の発見だとも思います。
その気づきを伝えることでも、お互いの刺激が生まれていくと思います。

Interview その他のインタビュー記事