peach

TOP

プロジェクト第一弾 京都府京丹後市

日本の原風景と出会う Deep Deep Local project
京丹後市の風景 京丹後市の風景 京丹後市の風景
東京から最も遠いまちのひとつといわれている京丹後市。日本列島のほぼ中央、京都府北部の日本海に面する位置にあり、「ユネスコ世界認定」を受けている「山陰海岸ジオパーク」の美しい海岸線を有するまちです。また、伝統的な絹織物である「丹後ちりめん」発祥の地でもあり、絹織物の生産量は日本一を誇ります。
京都府の地図のイラスト 日本の地図のイラスト
京丹後のロゴ
peachのロゴ

Deep Deep Local project 第1弾は京丹後市。
京丹後のユニークな魅力は “長寿”
いにしえからの“不老長寿伝説”や、かつて“不老不死の仙薬”を求めて大陸から丹後半島を訪れた逸話などが数多く残されているだけでなく、
今もなお100歳以上の人の割合が全国平均の3倍以上あるなど、京丹後は神秘的な魅力に包まれています。

長寿のイラスト
京丹後の野菜
京丹後のカフェ
京丹後の農家さんたち
京丹後のパプリカ
京丹後のシェフ
京丹後の農家 京丹後の農家 京丹後の農業 京丹後のご老人の笑顔
京丹後の野菜
京丹後のカフェ
京丹後の農家さんたち
京丹後のパプリカ
京丹後のシェフ
取り組み01

京丹後長寿のおすそ分け旅

01
京丹後のロゴ WILLERのロゴ
peachのロゴ
とト母さんの笑顔

冬の京丹後の魅力といえばカニ。
日本海の豊かな漁場で育ったカニを思いっきり満喫することはもちろん、
長寿のまち京丹後の冬の暮らしに隠された、いにしえからの知恵を余すことなく体感できる旅。
地元とWILLER、Peachがタッグを組んで作ったオリジナルツアー第1弾。

旅の中で体験できること
  • ブランドガニ「間人ガニ」

    カニの競り場に通い続けて24年の女将が厳選した最高級ブランドガニ「間人ガニ」を提供

  • 体に優しい食材「まごわやさしいこ」

    体に優しい食材 “まごわやさしいこ” をテーマに、地元でとれた食材を使ったここだからこそ味わえる絶品朝食

  • 海岸リペアウォークの様子

    丹波の美しい海で、心身ともにリフレ ッシュできる海岸リペアウォーク(ヨガ体験)

京丹後市の「おもてなしマイスター」との交流
「うまし宿とト屋」女将の池田香代子さん

「おもてなしマイスター」 立ち上げ人

料理旅館
「うまし宿とト屋」女将

池田香代子さん

旅をコーディネートする「おもてなしマイスター」が京丹後の魅力を伝え、各ツアーでとっておきの食や体験を提供します。
マイスターを務めるのは旅館の女将、漁船の船長などさまざま。マイスターごとに体験できる内容は異なり、個性的でDEEPな体験を満喫できます。

との取り組み

国内LCCとして最大規模の航空ネットワークを持つPeachと、全国25路線343便という国内最大級の都市間バスネットワークを持つWILLER EXPRESSや、京都府北部兵庫県北東部を走る京都丹後鉄道を運行するWILLERは、カテゴリーの異なる交通連携が生み出すダイナミズムで、京丹後市の地域活性化を目指します。
取り組み02

長寿のまちの 秘密を探るワークショップ

2022年5月 プロジェクト始動

私たちPeachスタッフは、実際に京丹後に通い、地元の幸や地元に暮らす人々と対話し、京丹後ならではのチャームポイントを探していきました。
あるときは京丹後の採れたての有機玉ねぎの、糖度12度以上という甘さに驚かされ、またあるときは、いわゆる“京野菜”のほとんどが京丹後産であることを初めて知りました。
日本最古の稲作が始まったのも、ここ京丹後。
山の幸海の幸など豊富な食材から育まれてきた食文化をはじめ、長寿のまちの魅力の奥深さに引き込まれていきます。
また、京丹後に住む人々の豊かな暮らしにも感銘を受けました。特にこの地に惚れ込み、移り住んだ皆さんの鋭くも温かい視点には多くのヒントをもらいました。
「後世に残したい伝統食・食文化を学ぶ」をテーマに定期的に料理教室を開催されていた上田さん、長寿のカギを解明する科学的なアプローチに取り組む京丹後市立弥栄病院の神谷院長からも興味深いお話を伺うことができました。

  • みんなでワークショップの様子
  • ワークショップに参加しているお婆さん
  • ワークショップの説明をしている役員の方
  • 移住してきて10年経ちますが、普段の生活の中で気にとめなかったことが実は貴重な資源だったり、ワークショップに参加できたからこそ京丹後の魅力を再発見することができました。

    株式会社田園紳士 森下さん

    株式会社田園紳士森下さん
  • ワークショップでは当たり前のことが実は丹後の魅力だったと気づきました。一方で、その魅力を発信出来てないことも実感しました。今回のワークショップを機に、官民連携して新たな取り組みを進めて行ければと思います。

    京丹後市役所 政策企画課 山添さん

    京丹後市役所政策企画課山添さん
取り組み03

返礼品は寿命です ふるさと納税返礼品

心からふるさとと思ってくれるファンを増やしたい

もちろん我々Peachにとっては、観光などで地域を実際に訪れる人が増えることは嬉しいこと。
しかし持続的に地域を豊かに活気づけるため、まずは地域を知ってもらうこと、
そしてファンになってもらうことから取り組もうと考えました。
都市で暮らす人と地方をつなぐ仕組みとして注目したのが“ふるさと納税” 。
昨今はとかく豪華な返礼品に目を奪われがちですが、地方創生や自分にとっての第二、第三のふるさとを応援したいというふるさと納税の本来の意図に立ち返り、都市と地方を結ぶPeachだから実現できる返礼品の企画が始まりました。
ご長寿レシピ動画に出演の上田さんとPeachスタッフの温もり溢れるやり取りが見どころです。

  • 返礼品のなす
  • 返礼品の魚
  • 京丹後来てねありがとう!
取り組み04

機内でふるさと納税

機内でふるさと納税をしている様子
機内でふるさと納税の画面

画像はイメージです

上空1万mからふるさとを想う

旅行中の機内で地域の産品や取り組みを紹介し、そのまま地域ファンになってもらおう、応援してもらおう。
そんな想いから、国内初、実証実験として機内デジタルサービスにてふるさと納税寄附ができる仕組みをスタートさせました。京丹後市のほか泉佐野市、小牧市、有田市、佐伯市のふるさと納税寄附をPeach機内で行うことができます。

取り組み05

SAM&DJ KOO TRF 街ブラdeダンス

TV放送、SAM、DJ KOO観光大使
SAM、DJ KOO観光大使の任命の様子
TRFのSAMさん、DJ KOOさんが、 京丹後市いきいき健康長寿応援大使に

2022年9月22日、長寿・健康をはじめとする京丹後市の魅力の発信を目的に、TRFのSAMさん、DJ KOOさんが京丹後市の「いきいき健康長寿応援大使」に就任。
2023年にデビュー30周年を迎えられるTRFメンバーSAMさんは、最近では脳と身体を元気にすることを目的に「カラダもココロも元気にするリバイバルダンス」の開発などを通じて「エンターテインメントと健康」の両方を追求する取り組みをされています。

新番組「SAM&DJ KOO 街ブラ de ダンス!」

地域創生に取り組むエイベックスと朝日放送テレビ、Peachの3社が手を組み、日本の魅力と地域の元気をダンスで発信する企画番組『SAM&DJ KOO 街ブラ de ダンス!』を制作。
SAMさんとDJ KOOさんが旅人となって、京丹後市を皮切りに日本全国を訪れ、ぶらりと街を散歩する「街ブラ」を通じてその土地の魅力を紹介。さらに住民の皆さんと一緒にダンスエクササイズを楽しむことで街を活性化し、子どもからシニアまで元気にしていく。日本全国にある地域の魅力を発信する「地域創生」と「健康促進」を兼ね備えた、社会課題に挑戦する新たな番組です。
番組内ではPeachスタッフもダンスを披露しています。

京丹後市長からみなさまへ

京丹後市長

京丹後市は、全域がユネスコ世界ジオパークに認定される、自然豊かな「海の京都」とも呼ばれるまちで、日本の稲作発祥に縁を持つ神話、古代の絹やガラス細工・製鉄の文化、丹後王国など、古代の歴史ロマンあふれる、なつかしい日本のふるさとです。
また、本市は、健康で長寿の方が多く、百歳以上の方の割合が全国平均の3倍以上にもなる健康長寿のまちです。この度、この健康長寿を支える京丹後の豊かな自然や食材の魅力を皆様にお届けするべく、交通事業者であるPeach、WILLER、自治体、地域が一体になり取り組みを進めております。
皆様のお越しを心からお待ちしております。

  • 京丹後市の田園の景色
  • 京丹後市の海の景色
  • 京丹後市の街並み

Deep Deep Local projectとは

遠い遠いその場所には、深い深い魅力が未だ眠っています。
しかし人口減少に高齢化など、ローカルが抱える課題は深刻さを増しています。
そんな課題をポジティブにひっくり返すべく、その土地の気候風土、歴史文化、そこで暮らす人々が育んできたユニークネスに光をあて、ローカルの温度を上げていくプロジェクトが「Deep Deep Local Project」です。