困ったときはココ

facebook twitter YouTube YouTube

  • 予約
  • 予約の確認・変更
  1. 大人(12歳以上) 子供(2-11歳) 幼児(0-1歳)
    特別なサポート / 幼児・子供の予約
    団体予約 / 複数都市まとめ予約
 
往路出発日
 
復路出発日










セキュリティ(機内での安全のためのお願い)

安全で快適な空の旅のために以下のお願いに加え、皆様のご協力をお願い申し上げます。



機内での全面禁煙について

化粧室、通路を含む全席での喫煙及び火気使用は、火災につながる恐れがありますので固くお断りいたします。

感知機が作動した場合、引き返しや近くの空港への緊急着陸などの重大な事態に至ることもあります。
また「電子たばこ・無煙たばこ」等の火を使わない喫煙器具につきましても、他のお客様の快適性を損なう恐れがあるため機内での使用をお断りしております。




電子機器類の使用制限について

機内での電子(電気)機器の使用は、運航の安全に支障を及ぼす恐れがあるため、地上滞在時を含め使用制限があります。国土交通省の告示において制限された電子機器の航空機内での使用は法令により禁止されています。違反した場合、50万円以下の罰金が科せられることがあります。国土交通省が告示で定めた電子機器は以下のとおりです。


【2015年9月1日からの取り扱い】


「飛行機のドアが閉まった時」から「着陸後の滑走終了」まで使用NG
※客室乗務員がアナウンスにてお知らせいたします。

以下のうち、作動時に電波を発信する状態にあるもの:

  • ■携帯電話
  • ■PHS
  • ■トランシーバー
  • ■無線操縦玩具
  • ■ワイヤレスマイク
  • ■パーソナルコンピュータ
  • ■携帯情報端末
  • ■携帯型データ通信端末
    (モバイルWiFi等)
  • ■電子ゲーム機

※無線通信の対象が「航空機外」とならない、航空機内にある機器同士のBluetooth接続(PCとワイヤレスマウスやデジタルオーディオ機器とワイヤレスヘッドフォン等)やWi-Fi接続(電子ゲーム機同士の接続等)は常時ご使用になれます。
なお、モバイルWi-Fiルーターや公衆無線LAN等への接続は「航空機外との無線通信」に該当するため、ご使用になれません。

以下の電子機器は告示では定められておりませんが、当社の規定として使用禁止と
させていただいております。:

■VHFスキャナー受信機(エアバンド)*1

*1 使用を制限されているトランシーバーとの見分けが難しく、誤解を招く恐れがあるため機内での使用は禁止とさせていただいております。



機内での携帯電話の使用について

【2014年9月1日からの取り扱い】

携帯電話は飛行機のドアが閉まった時から、着陸後の滑走が終了するまでは、「フライトモード」など、電波を発信しない状態に設定してご利用ください。
※客室乗務員がアナウンスにてお知らせいたします。
機内における携帯電話での通話は周りのお客様のご迷惑となりますので、おやめください。



【お子様向け携帯電話をお持ちのお客様へ】

NTTドコモ・au・Softbankより販売されているお子様向け携帯電話の一部機種には、本体の電源が切れている状態でも「電源OFF通知設定」が設定されている場合、定期的に電源が入り電波を発する状態となることがあります。
電波を発信する状態での携帯電話は、機内では使用禁止となっておりますので、ご搭乗前に「完全電源OFF」操作をするか「電源OFF通知設定」を「OFF」にしてご搭乗いただきますようお願いいたします。



危険物の持込みについて

爆発の恐れのあるもの、燃えやすいもの、人に危害を与えるもの、他の物品を損傷するおそれがある危険物は航空機への持込み、およびお預かりもできませんのでご了承ください。

上記以外にも弊社規定に基づき、持ち込みおよびお預けが禁止された物品がございます。
詳しい内容はこちらPDF)をご覧ください。




持ち込み手荷物の収納について

機内にお持込の手荷物は前の座席の下に置くか、座席上の棚に収納してください。
前に座席のない席および非常口座席には、お手荷物は置けませんのでご注意ください。
機内に収納できない場合は、通常の受託手荷物としてお預かりいたします。




座席ベルト常時着用のお願い

座席ベルトは着用サインが消えた状態でも、急な揺れに備え、着席中は座席ベルトを常にお締めください。




非常口座席にお座りのお客様へ


非常口座席には、国土交通省のガイドライン(2009年4月1日発効)に基づいた以下のすべての項目を満たすお客様に限りご着席いただけます。


  1. 満15歳以上の方
  2. 満12歳未満のお子様をお連れでない方
  3. ご搭乗に際して付き添いの方や係員のお手伝いを必要としない方
  4. 緊急脱出時に同伴する方の脱出を援助する必要がない方
  5. 航空機ドアの開閉等、緊急脱出の援助を実施することが出来る方
  6. 妊婦(出産予定日から28日以内)でない方
  7. 日本語または英語で会話が出来る方
  8. 脱出手順の案内および乗務員の指示を理解し、他のお客様へ口頭で伝えられる方

※出産予定日まで29日以上ある妊婦のお客様や、杖をご使用のお客様についても、緊急脱出時の援助におけるお身体への負担を考慮し、非常口座席以外への指定をお勧めいたします。

迅速な脱出の援助をしていただくため、非常口座席に着席されるお客様には、万が一の場合、客室乗務員の指示のもと、緊急脱出時の援助をお願いいたします。 援助の内容は、援助が必要となった時、以下のような項目の中から具体的に指示させていただきます。

非常口を開ける
乗務員から脱出の指示があり、窓から火が見えず、窓が水につかっていない場合、カバーを外し、内側のハンドルを引いて扉を内側に外し、外した扉を外に出す。

脱出する際のお手伝い
非常口が開いて滑り台が出たら滑り降りて、後から滑ってくる人を援助する。非常口が開いたら他のお客様に順番に機外に脱出するように誘導する。機内ではなく翼の上で救命衣のひもを引いて膨らませるように指示する。

上記条件を満たさないお客様は、座席の変更をお申し出ください。
また、条件を満たさないと係員が判断した場合、座席の変更をお願いすることがございます。
その場合の座席指定料金の払戻しはできません。
また、非常口座席では、足元やひざの上に手荷物を置いていただくことは出来ません。

※非常口に関する、よくある質問はこちら



機内での迷惑行為について

安全で快適な空の旅をお楽しみ頂くため、機内における「安全阻害行為等」(いわゆる“機内迷惑行為”)を防止する法律ができ、2004年1月15日より施行されています。
以下の行為が禁止されております。

・安全運航を阻害する行為
・人や財産に危害を及ぼす行為
・秩序を乱す行為
・規律に違反する行為

機長は、安全阻害行為のうち特に以下の行為をした者に対して禁止命令を行うことができます。
禁止命令に従わない場合、50万円以下の罰金を科せられることがあります(航空法第150条)


  1. 化粧室で喫煙すること
  2. 告示により禁止された電子機器を使用すること
  3. 乗務員の職務妨害および安全の保持等に支障を及ぼすおそれがあること
  4. 指示に従わず座席ベルトを着用しないこと
  5. 離着陸時において、座席の背、テーブル等を所定の位置に戻さないこと
  6. 非常脱出の妨げになる場所へ手荷物を放置すること
  7. 告示により定められた消火器、非常用警報装置、救命胴衣等を操作・移動すること
  8. 乗降口または非常口の扉の開閉装置を操作すること